歯科医師の主な仕事内容

歯科医師の仕事は、その者が診療可能な科目や、勤務している施設などにより少しずつ異なりますが、歯や口の中、口の周りで起こっている病気についての治療・予防に結びつけるという点は共通しています。 歯科医師の主な仕事内容は、虫歯や歯槽膿漏、歯周病などの口の中や口の周りで起きた病気の治療や、歯垢・歯石の除去、親知らずなどの抜歯、義歯の作成、歯列の矯正などです。大学病院などの大きな医療機関になると、口の中に出来るガンなどの重篤な病気や、顎の病気についても取り扱っている場合があります。歯科医師は歯科技工士や歯科衛生士などと連携して、患者の口腔内の健康を支えています。 また、歯科医師はこれら本来の仕事以外にも、学校歯科医として学校や幼稚園などの教育施設で定期健診を担当していたり、行政機関や医師・薬剤師らと連携して地域の保健衛生に関する仕事に従事していることもあります。大学病院に居る者は研究者として、学生らとともに研究に励んでいます。時には他の歯科医師や、医師、薬剤師らとともに行政機関などに提言を行うこともあります。患者の治療だけでなく、地域の人々、ひいては国民の歯や口の中、口の周りの病気の予防につとめることも大きな仕事であるといえます。